www.ind-druga.com

クレジットを店頭において決済する時に、誰でも体験があるかと察しますが、スタッフが不慣れなことでどちらの紙をお客さんへ対して渡したら良いのか迷うときがあるはずです。といいますのも、クレジットを処理するとレジ端末の方から3組綴りの使用レシートというものが吐き出されるためでこの明細のうちどの紙を利用者のもとへ渡して良いのかわかりにくいということがあるのです。複数枚のレシートの意味:上述の複数枚の利用レシートの説明は?についてまとめると以下の記載の通り。1利用者に渡さなければいけないレシート。2店舗控え使用レシート。3クレジットカード会社控え使用レシート(サインを行う明細)。本来は必ずカード利用者の方へ保管して頂く利用レシートを受領するはずなのですが時としてお店の控え明細をお客さんの方へ誤って渡してしまうという場合の他、サインした使用明細自体を渡してしまうというといった痛恨のミスなども見受けられる。このパターンはバイト従業員などや、いつもカードというものが使われない店舗などの会計にてクレカを使用する際そういった店舗スタッフの困った姿というものが体験できるようです(笑)。万が一レジ担当者が誤った使用明細というものを提示してきた際には怒らずに「これじゃありませんよ」と言ってあげて欲しいです。

Link

Copyright © 1996 www.ind-druga.com All Rights Reserved.