www.ind-druga.com

民事再生という手段はマンション等のローンを含めて多重の債務に苦しむ利用者を念頭において、住居を手放さずに金銭管理の面で再建するための法的機関を通した謝金の整理の方法として2000年11月にはじまった選択肢です。民事再生には、自己破産とは違い免責不許可となる要素はないために競馬などで借金をしたのであっても民事再生手続きはOKですし破産申請をすれば業務不可能になりかねない資格で仕事をされているような人でも手続きが可能です。自己破産では、住んでいる家を手放さないことは考えられませんし特定調停等では、圧縮した元金を完済していかなければなりませんので、住宅のローンを含めて支払うのは多くの場合には簡単なことではないでしょう。ただし、民事再生による処理を取ることができれば、マンション等のローンを除いた借金は十分な金額を減額することができますので余裕がある状態で住宅のローンを返済しながら残った借入金を支払い続けるようにできるというわけです。とはいえ、民事再生は任意整理による手続きまたは特定調停といった方法と違って一定の負債を省いて処理をすることは考えられませんし破産手続きにおいてのように借金そのものが消えるということでもありません。さらには、別の選択肢に比べ手続きが複雑で手間もかかりますので住宅ローン等を持っていて住んでいるマンションを手放せない場合等を除外して破産申請のようなそれ以外の整理ができない際のあまり優先したくない処理とみなした方がいいでしょう。

Link

Copyright © 1996 www.ind-druga.com All Rights Reserved.