www.ind-druga.com

特定調停も任意整理と同じようにそれぞれの債権を持つものに対して債務の返済を続けていくことを選択する借金整理の手順になります。分かりやすく説明すると裁判所が処理する負債の整理といえるでしょう。特定調停による方法も先の方法と似ていて自己破産とは異なり特定の負債だけを整理していくことが可能ですので他に連帯保証人が関係している契約を別として整理していく場合や住宅ローンの分を別として手続きする場合等においてでも活用することも可能ですし、全ての財産を放棄してしまう必要がないので、マイカーや住宅などの自分名義の資産を持っていて処分してしまいたくない場合においても有用な借金整理の手続きです。後々の返済に必要となる額と現実の可処分所得を検討して適切に返済の計画を立てられるようであればこの方法で手続きを進めるほうが良いといえますが、破産申告とは違い借金自体が消滅してしまうということではないため、総額がかなりになる場合には残念ながらこの方法での選択をするのは困難になるということがいえるでしょう。いっぽう、この手順は裁判所が介入するので司法書士等にゆだねなくても不利になる心配がないことや処理のための費用を圧縮できるという利点がありますがお金の貸し手からの督促に対して自分で回答する必要がある点に加え所定の裁判所にことあるたびに行くことが必要になるという注意が必要な点もあります。任意整理による方法と比べてのことですが同意が得られない場合は借入利息をすべて付けた金額で返済していかなければいけない点や債権を持つものに対し払っていく合計額が任意整理による方法より高くなる傾向があるという留意点もあります。

Link

Copyright © 1996 www.ind-druga.com All Rights Reserved.